×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正松

短編詩集「バクの休日」

「波を手で」

魚は逃げ出しているのに
僕の心は穏やかだ
何となくこの池はぬるいからだろうか
まるで体温のようだ

アパートのベランダから眺めただけでは
きっとわからなかったよ
部屋の隅でうずくまる猫が
答えてくれるわけでもないしな

完全に壊れたテレビを捨てずに
買い換えたDVDプレーヤーに叱られた
無理をするなってさ
それが無理なんだよ

そうだよ そう
僕はいつも利き手の逆の手を池に漬けて
返ってくる波を心待ちにしているんだ
それだけで 見えない砂嵐の中を
鮭のように泳げるんだ

http://bungeiclub.nomaki.jp/
design by {neut}