×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正松

短編物語詩集『オト』

「後の祭り」

三本脚からすが
白い野兎を連れて
何処かへ行っちまいやがった
つまり つまりは
俺たちは見捨てられたってことさ

俺はろくな奴じゃないから
お布施をあげるよ
つまり つまりは
君たちは見捨てられたってことさ
同情するよ

何も叫ばなくても良いよ
せいぜいがっついていな
きっとあの鳴き続ける鳥のように
終ったことにさえ
気付かないンだろう?

釜中の汚らしい水の中で
ラット・レースを続けてンだ
つまり つまりは
君たちは元々
采の目に見捨てられていたってことさ
同情するよ

あはははは

http://bungeiclub.nomaki.jp/
design by {neut}