×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正松

短編詩集『夢と毒と未来』

「チシャ猫の夜」

チシャ猫に吐露した
「街の夜空に星はひとつも無くて
いや 見えなくて
孤独が胸に突き刺さるんだ」って
チシャ猫は
ただただ笑っていた

チシャ猫に告白した
「深い深い紺色の夜に
もとい 黒色の海に
ぽつんと浮かぶ満月は寂しそうだ」って
チシャ猫は
ただただ笑って
笑っていた

チシャ猫に尋ねてみた
「君は落書きだらけの塀の上にいて
ずっと 塀の上にいて
寂しいなんてことはないの?」って
チシャ猫は
ただただ笑って
笑って

消えた

http://bungeiclub.nomaki.jp/
design by {neut}