×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正松

短編詩集『夢と毒と未来』

「スピカ」

石を夜空に投げたって星は創れないよ
それじゃあ どうしたらいいのかって?
石を夜空に浮かべればいいんだ
目が眩むほどに輝かせて
できるかい?

求め始める時代が来てしまった
銀の時代だ
もう戻れない
時が経てばすぐに
奪ってきた物たちで
僕の部屋は
埋まってしまうのだろう

いつか 見えなくなるだろうから
埋もれた部屋の中で
輝いていて

二六〇光年先のあの星と
同じくらいでなくても 構わないから
どんなに歪んで
捻じ曲がってしまっても 構わないから

僕が見失ってしまわないように
輝いていて

http://bungeiclub.nomaki.jp/
design by {neut}